2021年07月15日

こんにちは。

これからの季節、ギラギラとした太陽が降り注ぐ夏は頭皮トラブルを引き起こしやすくなります。
このような頭皮トラブル心当たりはありませんか?

 

 

 

🔺頭皮のベタつき
🔺頭皮のニオイ
🔺頭皮の日焼け

 

夏の頭皮トラブルに向けて
トラブルの原因を知り、予防していきましょう!

 

 

🔷頭皮のベタつき

 

頭皮は顔の2倍の皮脂腺があると言われていて、特にベタつきやすいゾーンです。

 

シャンプーで汗や皮脂を頭皮を清潔に保つのは大切ですが、必要以上にゴシゴシ洗ったり、強い洗浄力のシャンプーを使うのはNG!
よりベタつきが悪化することもあります。

 

皮脂は頭皮を乾燥から守る役割があります。
皮脂を落としすぎてしまうと、頭皮を乾燥させないようにと皮脂の分泌が増えてしまいます。
1日に何度もシャンプーするのもNG!
ベタつきの解消には、洗い過ぎに注意した頭皮ケアが大切です!

 

🔷頭皮のニオイ

 

頭皮のニオイの原因にはこのようなものがあります。
・過剰に分泌された皮脂の酸化
・皮脂を餌に雑菌が繁殖
・汗を常在菌が分解して生じる

 

夏の頭皮は皮脂や汗が増える為、複数の要因が重なり嫌なニオイが発生しやすくなります。
頭皮環境を整えることや頭皮を清潔に保つことが大切です。

 

 

 

🔷頭皮の日焼け

 

夏の強い日差しで頭皮が日焼けしてしまうとこのような頭皮トラブルに繋がります。

 

・頭皮が火傷をする
・薄毛や白毛のリスクが上がる
・髪や頭皮の乾燥

 

 

 

▪️頭皮が火傷をする

 

頭皮が強い熱ダメージを受けると、火傷になります。
火傷はしばらくすると、痒みが発生し強く掻いてしまったり引っ掻いてしまうと、炎症が悪化してしまう恐れがあります。
炎症が治ると、日焼けをしたところの皮膚がめくれて、フケが出ることも。

 

 

▪️白髪や薄毛のリスクが上がる

 

髪の毛はメラニン色素というもので色づいています。
白髪は何らかの原因でメラニン色素を生成できなくなることで発生します。
紫外線を浴びた頭皮は活性酸素が多量に生成され、メラニン色素を作るメラノサイトにダメージを与えます。
その結果、メラニン色素を十分に生成できなくなる可能性が出てくるのです。
また紫外線がメラニン色素を分解し、髪を白っぽくする恐れもあり、このようなことから白髪になるリスクがあがります。

 

さらに、紫外線により頭皮の炎症を引き起こすことで薄毛のリスクを高める恐れもあります。

 

ただし、紫外線を浴びたらすぐに白髪や薄毛になるわけでなく、ダメージの蓄積により白髪や薄毛のリスクが上がります。
なので今からしっかり日焼け対策をすることが大切です!

 

 

▪️髪や頭皮の乾燥

 

紫外線により、キューティクルがダメージを受けると神の水分が流出し乾燥やぱさつきが起こりやすくなります。
髪を構成するタンパク質が流出してしまうと、切れ毛や枝毛の原因にもなります。
さらに、頭皮が乾燥して刺激を受けやすくなり頭皮環境が乱れる恐れもあります。
このように紫外線は髪と頭皮両方にダメージを与えるので注意する必要があります。

 

🔶紫外線による日焼けの予防方法

 

頭皮の日焼けは完全には防げなくても、予防対策を実践することで、頭皮へのダメージを抑えられます。
これからの季節、日差しが強くなるのでしっかり予防対策をし頭皮を紫外線から守りましょう!

 

▪️UVカットの帽子をかぶる、日傘をさす

 

帽子を被ることで紫外線をシャットアウトすることは可能ですが、紫外線を通さないUVカットの帽子を選ぶことでより頭皮を紫外線から守ることができます。
ただし、厚い帽子は蒸れやすいため通気性の良いものを選びましょう!
頭皮が蒸れてしまうと、雑菌が増えやすくなる為頭皮環境が乱れてしまう恐れがあります。
帽子の他にもUVカットの日傘も効果的です。
帽子と組み合わせて使うとさらに強力に紫外線を防げます。
日傘に抵抗がある方は、帽子から始めるのがオススメです。

 

 

▪️髪用の日焼け止めスプレーを使用する

 

髪用の日焼け止めはサッとかけるだけなのでとても簡単に日焼け予防ができます。
汗をかいたり、数時間経ってしまうと効果が薄れてしまうので1日に数回スプレーし直し、日焼け予防の効果を持続させましょう!

 

🔺頭皮の日焼けのケア方法

 

 

▪️頭皮に負担をかけないようシャンプーする

 

紫外線によりダメージを受けている頭皮への負担を抑えるため、ぬるま湯で髪と頭皮の汚れを落としてからシャンプーを泡立てて揉み込むように洗います。
シャンプー後は洗い残しのないよう丁寧に濯ぎましょう!

 

 

▪️保湿ケアで水分を補給する

 

頭皮用の化粧水で水分をしっかり補給し、潤いを与えることで、頭皮のバリア機能が高まり発毛環境への悪影響を抑えられます。

 

 

🟡当サロンのホームケア用品でのケア方法

 

頭皮のニオイや痒み、日焼けしてしまった頭皮のケアにはチャージーローションがオススメです!

 

 

 

▪️チャージーローションの効果

 

・水の分子を電気分解して細かくした水であるため普通の水に比べて
早く頭皮に浸透して保湿効果が高い商品となっております。

 

・汗や皮脂のニオイにも安心
マイナスイオンの特性により、汗のにおいをしっかり包み込みます。とくに汗や皮脂のおおくなる夏場、もともと汗や皮脂の多い人には欠かせないアイテムです。汗の多い仕事やヘルメットの蒸れのお手入れにも役立ちます。

 

この、[普通の水]にも見えるこのスーパースカルプチャージローション。
他にもたくさんの効果があり、スーパースカルプヘアケアシリーズには欠かせない商品です。

 

これからの強い日差しには
ご紹介した日焼け予防やチャージーローションを使って頭皮トラブルのない頭皮状態を目指し、この夏を乗り切りましょう!

2021年06月29日

 

髪のパサつきの原因とは?

 

 

髪がパサつく原因は、髪質ではなく頭皮環境にあります。

髪の毛は頭皮から生まれるものなので、頭皮が健康な状態ではないと、髪の毛はパサつきなどのトラブルを抱えてしまいます。

また、髪を守るキューティクルが何らかの原因で剥がれたり開いたりしてしまうと、髪の内部の脂質やタンパク質などが抜け出て、水分を保持する力を損なってしまい、その結果、髪がパサついてしまいます。

さらに、パーマやカラーリング、刺激の強いシャンプーなどによって頭皮と髪の毛にダメージがあると、その両方にトラブルが発生してしまう場合があります。

 

▫️食生活、生活習慣も影響する

 

食生活、生活習慣も髪の毛のトラブルの原因になります。

アルコールやコーヒーなどに代表される、いわゆる「酸性」の食品は血管の収縮を促し血流を悪くしてしまいます。

頭皮の血液の循環が悪いと、毛根部分の毛母細胞に栄養が行き渡らなくなり、栄養不足になって髪がパサついてしまいます。

こうなると、髪がゴワゴワになって、まとまりにくく、パサパサになって、髪が広がりやすくなってしまうのです。

 

髪のパサつきの原因①

 

シャンプーやブラッシングのやり過ぎ

 

 

頭皮に爪を立ててゴシゴシこすったり、髪の毛同士をこすり合わせるなど、

過度に力を加えた間違ったシャンプーによって、頭皮や髪が傷んでしまいます。

 

また、ブラッシングする場合は、絡まった髪をブラシで無理にほどこうとすると、余計な負荷がかかり、髪を傷めるだけではなく、枝毛や切れ毛につながります。

 

髪のパサつきの原因②

紫外線の影響

 

髪は紫外線を受けて乾燥すると、キューティクルが開き、最終的には剥がれてしまいます。それが髪のパサツキに繋がっていきます。

頭皮も乾燥し水分が不足することで皮脂が増え、毛穴詰まりの原因にもなります。

 

髪のパサつきの原因③

パーマやカラーリングのやり過ぎ

 

パーマやカラーリングは、刺激の強い化学薬品によって髪の内部を破壊してしまうため、やり過ぎるとキューティクルが剥がれてしまいます。

そこにスタイリング剤などが入り込むとひどいダメージを受けてしまいます。

 

髪のパサつきの原因④

 間違った髪の乾かし方

 

 

キューティクルというのは髪が濡れていると開く性質があり、

傷みやすい状態なので、シャンプー後の自然乾燥はNGです。

きちんとドライヤーで乾かしましょう。

髪のパサつきの原因⑤

栄養不足の影響

 

過度なダイエットや、バランスの悪い食生活を続けていると、髪に必要な栄養が摂取できず髪を傷めることになります。

髪のパサつきの原因⑥

女性ホルモンの低下

 

ストレス、更年期などの影響で女性ホルモンが低下し、バランスが崩れると全身の血行が悪くなり、髪の毛が徐々に細くなると同時に傷み、パサつきの原因になります。

原因を見ると思い当たることもあるのではないでしょうか。
これらの原因が重なり髪のダメージが大きい状態が「パサつき」なのです。

髪のパサつきの改善方法 内側からのケア

 

髪のパサつきの改善方法 内側からのケア

 

水分を髪に補給するには、体の内側からのアプローチも欠かせません。健康で美しい髪を作るためには、バランスの良い食事をすることがとても大切です。

美髪へ導く特に大切な2つの栄養素をご紹介します。

▫️たんぱく質

実は毛髪成分の殆どはケラチンというたんぱく質から成り立っています。ケラチンに含まれる、メチオニン髪のパサツキには効果的です。

しかし、メチオニンは体内で生成できないため、食事からのケラチン摂取が必要になります。

▫️ビタミンB6

ビタミンB6はたんぱく質の代謝に欠かせないサポートをしてくれます。

食事から摂った”たんぱく質”をアミノ酸に分解したり、アミノ酸を原料に皮膚や髪の毛、爪などの人体の”たんぱく質”作りを手助けします。

簡単にこの栄養を摂るにはナッツ類がおすすめです。

特にアーモンドはケラチンを豊富に含み、ビタミンB6も入っているので、健康な髪の毛をつくるのにはピッタリです。

ちなみに便秘改善や美肌効果もありますのでうれしい効果が盛りだくさんです。炒めものに加えるだけで、おいしく・簡単ですので是非お試しください。

例えば、鶏ささみとアスパラガスをごま油で炒め、アーモンドを加えた炒め物がおすすめです。

当たり前かもしれませんが水分をしっかり摂ることも大切です。目安として1日最低2リットル程度の水分を摂ることが美髪を作ることには必要になります。

髪のパサつきの改善方法 外側からのケア

 

髪のパサつきの改善方法 外側からのケア

頭皮の潤いが必須

潤いある髪は、12~14%の水分を含んでいると言われています。

しかし、髪が乾燥状態になってしまうと6~8% と水分量は低下して必要な量の約半分になってしまいます。

このことを知り、焦りから髪に水分を与えばいいと化粧水を振りかけたりする人がいますが、逆に頭皮に雑菌を繁殖させる結果になり逆効果です。

髪に潤いを与えることにも効果はほとんどありません。

頭皮が乾燥すると同時に髪も乾燥するので、頭皮が潤った状態にあることが美髪には欠かせないのです。

▫️頭皮ローションとマッサージ

 

こういった髪と頭皮の乾燥を防ぐのに最も効果的なのは、頭皮専用ローションを頭皮に塗布してマッサージをすることです。

頭皮専用のローションとは、頭皮に潤いを与え、キメを整えて頭皮環境を改善します。

天然の海藻エキス、植物エキスがリンパの流れを促進し、マッサージすることで相乗効果になります。

頭皮の保護効果も高く、乾燥によるフケ・かゆみ・乾燥を抑えることができます。

頭皮専用ローションは、まさに頭皮の乾燥をふせぐのに最適なものです。

頭皮に潤いが出てくるので、結果的には髪のパサツキも緩和していきます。

乾燥時期の頭皮ケアに取り入れることを是非オススメします。

 

まとめ

体の内外から、適切な水分補給を継続することが頭皮と髪だけでなく、体全体の健康向上につながります。

頭皮も髪も体の一部。水分補給をしっかりすることで体のコンディションを改善し、パサツキのない潤いとハリに満ちた美髪を自分のものにしたいですね。

髪のパサつきが気になる方は是非試してみて下さい

2021年05月29日

こんにちは。

健やかな髪には、その土台となる頭皮環境が大切、ということは多くの女性がご存知のことと思います。でも、頭皮にトラブルを抱えている人も多いのでは? そこで、健康的な頭皮を目指すためのポイントをご紹介します。

 

🔸頭皮環境を左右する血行

 

髪の毛は、頭皮から出ている部分の毛幹と、頭皮のなかに潜んでいる毛根に分けられます。普段髪と呼んでいるのは毛幹で、発毛・育毛に大切なのは毛根です。
毛根の底には、髪の製造工場といえる毛球があります。ここには髪の赤ちゃん細胞の毛母細胞が眠っていて、毛細血管から運ばれてきた酸素や栄養を毛乳頭がキャッチ。毛母細胞は酸素や栄養によって細胞分裂を繰り返しながら、やがて髪として成長していきます。

 

 

🔸血行が悪い頭皮の状態では…

 

頭皮の血行が悪くなると細胞分裂するための酸素や栄養が少なくなるため、髪の成長が遅れたり、抜け毛などのトラブルを招いてしまいます。
健康的な髪を育むためには、血液の流れがスムーズに整っていることが大切なのです。

 

 

🔸 頭皮は肌と同じメカニズム

 

 

 

頭皮も肌の一部です。そのため、ほかの肌と同じメカニズムで、常にターンオーバーのサイクル(生まれ変わり)を繰り返しています。
基底層でつくられた肌細胞は、形を変えながら押し上げられ、2~4週間程で角質層に届きます。さらに押し上げられた古い角質はアカとなって、自然にはがれていきます。頭皮の角質層からはがれ落ちた大きな古い角質こそが、フケの正体です。

 

 

🔸抑えておきたい頭皮ケアのポイント

健康的な頭皮環境は、水分と皮脂などの油分のバランスが保たれている状態です。皮脂の分泌が多いと頭皮がベタつきやすくなるため、しっかり洗うことが大切ですが、頭皮が乾燥している場合は洗いすぎに注意しなければなりません。
また、頭皮が乾燥すると、からだの防御反応で皮脂の分泌が盛んになる場合もあるため、自分の肌タイプが脂性肌か乾燥肌かを知っておくと、洗い方の目安になります。

 

🔸頭皮はなぜ臭い?ベタつきを防ぐための頭皮ケア

 

頭皮は、からだの中で皮脂や汗の量が多く、とても汚れやすいパーツです。
汗と皮脂は混ざり合って、頭皮の乾燥を防ぐクリームのような働きをしますが、ほこりで汚れたり、酸化によって頭皮の刺激になることもあります

そこで、皮脂によるべたつきを防ぐ頭皮ケアの基本は、シャンプーで清潔にしておくことが大切。頭皮に汚れが残っていると、菌が繁殖してにおいの原因になります。また、かゆみやフケ、炎症の原因にもつながってしまいます。

 

 

🔸頭皮も保湿ケアが大切

汚れやすいといっても、頭皮の洗いすぎは必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥を招きやすくなってしまうので要注意です。頭皮の乾燥も、フケやかゆみの原因になります。
さらに、乾燥は肌を硬くさせ、ターンオーバーが滞り毛穴をつまらせる要因に。紫外線など外からの刺激も受けやすくなるため、本来もっている肌力を発揮できません。古い角質で毛穴がふさがれると、髪の成長を妨げ、抜け毛などのトラブルを招いてしまいます。

 

 

🔸血行を高める頭皮マッサージ

 

実は、頭の筋肉は自分が思っている以上にコリやすいもの。マッサージは頭をスッキリさせたいときや、眠れないときにも気がまぎれます。

また、スカルプケアは健康的な頭皮と髪におすすめなのはもちろん、マッサージで頭皮を柔らかくしなやかに整えることで、顔の血流もアップ。
朝晩のスキンケアを頑張っているのと同じように、頭皮ケアも習慣づけて、体の内側からのヘアケアも大切。

 

 

 

🔸食事でしっかり栄養補給

シャンプーや頭皮マッサージなど外からのケアにプラスオンしたいのが、食事による内側からのケアです。
頭皮は作物づくりでいえば畑の役割。髪にしっかり栄養を届けるためにも、地肌の栄養をサポートすることが大切です。

 

『簡単頭皮・髪にいい食べ物』

ま:まめ類 大豆や味噌・納豆・豆腐など
ご:ごま ごまでも特に白ごまのすりごまがオススメです。
わ:ワカメなどの海藻類
まめ類の味噌や豆腐と組み合わせてお味噌汁として摂取して頂くとなおいいです。
や:野菜 特に根菜類
ゴボウや人参・ほうれん草など
さ:さかな 魚の中でも特に青魚
アジやサバ
し:しいたけなどのきのこ類
きのこ類もお味噌汁にして汁まで飲み干すことがいちばんキノコの栄養が摂取できます。
い:いも類 じゃがいもや里芋など
をお伝えさせて頂きました。

上記の《まごはやさしい》を意識してお食事バランスを整えましょう

 

🔸当店オススメシャンプー

 

 

 

 

3つの大きな特徴成分
1.2種類のアミノ酸系洗浄成分

「ココイルグルタミン酸」「コカミドプロピルベタイン」
おはだの敏感な赤ちゃんのシャンプーにも含まれている成分です。
◼️アミノ酸系洗浄剤は、洗浄するだけではなくアミノ酸系特有の保湿性も高く、頭皮や毛髪に潤いを与えます。そして、頭皮の吸湿性や保湿性、浸透性が高まり、毛髪に柔軟や弾力性、光沢を与えます。

2.11種類のアミノ酸と16種類の植物エキスが配合

◼️抗酸化作用と保湿効果に優れ、頭皮の乾燥を防ぎ潤いを保ちます。
その結果、髪にハリ・コシ・ツヤを与えてくれるという優れもの。
頭皮のバリア機能を高め、新陳代謝を促進して、血流を促進し健やかな頭皮環境を維持。
その結果、発毛周期を正常に導いてくれます。

3.5つの成長因子とペプチド配合
→重要ポイント!!
◼️成長因子が髪の成長を促進させ、髪を太く強くしてくれます。

 

スカルプシャンプーEXの特徴

洗い上がりがスッキリ!
過剰な皮脂や落ちにくい汚れを落としてくれます。
また、頭皮を守る皮脂膜はしっかり残してくれるので安心。
男性型脱毛症の根源となる、5αリダクターゼを抑制して毛乳頭を活性化します。
男性型脱毛症・皮脂の多い方に特にオススメです。

2021年05月17日

薄毛を心配している方は薄毛の前兆を確認しておくことが大切です。

薄毛は、放置すると進行する恐れがあるため、できるだけ早く気付き対策して行く必要があります!!

薄毛の初期症状は目に見えて薄毛の範囲が広くなるわけではないため、見るべきポイントをしっかりと押さえておきましょう☝🏻

 

 

薄毛の前兆、薄毛に気づいたらすぐに始めたい対策についてご紹介します!!

 

こんな症状に注意!薄毛の前兆とは

 

薄毛とは、一般的に髪が薄く頭皮が透けて見えたり、生え際が後退したりした状態を表します。

次のような症状が現れた場合は、次第に髪のボリュームが失われていき、生え際も後退する可能性があります。

 

薄毛の原因の一つ「AGA」は、生え際が後退したり頭頂部が薄くなったり

することが特徴です。

 

そのため、生え際と頭頂部に注目することで、薄毛になり始めているかどうかがわかります。鏡で見て、明らかに薄毛の前兆が見られた場合は、すでに進行している可能性があります⚠️

できるだけ早いタイミングで薄毛に気づくために、普段から生え際と頭頂部の薄さをチェックしておきましょう✅

 

AGAは、ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」の影響で、

髪の成長が妨げられることが特徴です。

 

成長が妨げられると、細くて弱々しい髪が増えます。

また、頭皮への栄養の供給が低下している場合にも、髪の栄養不足によって細くなってしまいます。

いずれの場合も薄毛につながるため、髪が以前よりも細くなったと感じた場合は、早めにご相談下さい。

また、あらかじめ髪の細さをチェックしておき、薄毛が進行した際に気づけるようにしておきましょう。

人は、健康な状態でも1日100本前後の毛が抜けます。

しかし、一気に抜けるわけではないため、抜け毛には気づきにくいのです。

これが1日150本や200本と抜けるようになると、抜け毛が目に見えるようになります。

また、いつもより少ない日数で浴室の排水口に毛が溜まるなど、間接的に抜け毛の増加を認識できるようにもなります…

なお、夏から秋にかけては一時的に抜け毛が増えるため、抜け毛が増えたら必ず薄毛になるわけではありません。

抜け毛が多い状態が長く続く場合は、薄毛の前兆といえるので要チェックです✅

 

 

頭皮が硬くなると、血行が悪くなって髪への栄養の供給が低下し、

薄毛になりやすいといわれています。

 

しかし、頭皮は血流が豊富なため、頭皮が硬くなることで薄毛のリスクが大きく上がるとは考えにくいとされています。

ただし、「頭皮の硬さ」と「薄毛」が無関係だと証明されているわけでもないため、

注意しておいた方がいいでしょう。

頭皮のかゆみや赤みは、炎症に伴う症状です。毛穴に炎症が起こると、毛が抜けてしまう可能性があります。

広範囲にわたり強い炎症が起こると、それだけ多くの毛が抜けて薄毛になるでしょう🆘

頭皮のかゆみや赤みは放置せず、できるだけ早く医療機関を受診することが大切です。

薄毛の前兆を調べるときに見たいポイント

 

 

薄毛の前兆を調べるときには、特定の部位に注目が必要です。見るべきポイントを間違えると、薄毛の前兆を正確に察知できません。

次のようなポイントに注目しましょう。

 

①前髪の生え際の後退度

 

前髪の生え際がどれだけ後退しているかチェックしましょう。

これまで、指4本分だったのが5本分になった場合は、明らかに薄毛が進行しています。

頭頂部は、鏡で見て薄さをチェックできますが、前髪の生え際は一目見ただけでは後退度がわかりません。

普段から、定期的に額の広さをチェックして、いち早く薄毛の進行に気づくことが大切です。

 

②抜けた毛の毛根

 

抜けた毛の毛根に注目しましょう。

毛根部分が膨らんでいるものは、正常なヘアサイクルによって自然に抜けた毛と考えられます。

しかし、毛根が膨らんでいない場合は、ヘアサイクルに何らかの問題が起きている可能性が高いです。AGAや髪の栄養不足などが考えられるため、すぐにご相談下さい🆘

 

③頭皮環境

 

頭皮に赤みやかゆみ、カサつきなどがないかチェックしてください。

頭皮環境が乱れた状態では、健康な髪が成長しないため、その状態が続くと薄毛になる可能性があります。

鏡で見たり、友人や家族に見てもらったりして、前頭部から頭頂部、側頭部、後頭部までチェックしましょう。

 

④毛のハリと太さ

 

毛のハリと太さからは、髪がしっかり成長しているかどうかがわかります。

毛が弱々しくて細い場合は、髪の栄養不足やAGAなどの原因で十分に成長していない可能性があります。

ただし、成長途中の髪の可能性もあるため、それだけで薄毛が進行しているとは言い切れません。

 

⑤寝ぐせがつくかどうか

 

「以前は、よく寝ぐせがついたのに、最近はつかなくなった」という場合には、髪のボリュームが失われている可能性があります。

寝ぐせがつくには、ある程度のボリュームと太さやコシが必要です。

そのため、寝ぐせがつかなくなった場合は、髪のコシや太さ、ボリュームに問題があると考えられます。

 

今すぐ始めたいい薄毛対策

 

 

「最近、薄毛になってきたかも💦」と思った場合は、次のような対策を始めましょう。

 

シャンプーの回数や方法を見直す

 

1日何回もシャンプーしたり、ゴシゴシと洗ったりすると、頭皮が乾燥してしまいます。

シャンプーは1日1回、指の腹で丁寧にやさしく洗うことを心がけましょう。

また、熱すぎる湯は皮脂を必要以上に落とすため、ぬるま湯で洗うことが大切です。

基本的に、シャンプーは毎日するもののため、間違った方法が身についていると、頭皮環境が乱れてしまいます。

 

生活習慣を整える

 

十分かつ良質な睡眠や栄養バランスの良い食事、適度な運動、

飲酒や喫煙を控えるなど、生活習慣を整えることが大切です。

 

睡眠や栄養、運動は、いずれも髪の成長に大きく関係しています。

また、飲酒や喫煙は結果的に髪の栄養不足を招くため、できるだけ控えてましょう⚠︎

少しでも睡眠の質を高めるために、寝る前にスマホやテレビなどブルーライトなどの刺激を受けないようにしましょう。

また、できるだけ自炊したり、エレベーターを使わず階段を利用したり、工夫しながら生活習慣を整えていきましょう。

 

食事の栄養バランスを見直す

 

タンパク質やビタミン、ミネラルなどさまざまな栄養をバランスよく摂取しましょう。

コンビニ食や外食が中心だと、どうしてもタンパク質や脂質、糖質が多く、ビタミンやミネラルが不足します。

常備野菜や冷凍野菜などを取り入れたり、魚介類を積極的に食べたりしましょう。

また、サプリで栄養を補うのも一つの方法ですので栄養の補助として活用してみるのも良いでしょう🌿

 

 

薄毛の中でもAGAは、放置すると進行します。

そのため、薄毛の前兆が現れたら、できるだけ早くケアすることが大切です。

スーパースカルプ発毛センターへまずご相談下さいませ

 

#スーパースカルプ発毛センター #髪の毛 #発毛